主婦はキャッシングできるのでしょうか

家計を握っている主婦にはいざという時に心強いのが銀行や消費者金融のキャッシングですが、どれぐらいまで借り入れが可能なのでしょうか。

キャッシングには大きく分けて「銀行カードローン」と「消費者金融カードローン」があり、利用条件や融資限度額に違いがあります。主婦と一言でいっても働いている主婦の方と専業主婦では融資限度額が違います。消費者金融は専業主婦には融資を行っていません。銀行の場合は、30万から50万円ほどの融資をしてくれます。しかし、条件があり「配偶者が安定した収入」「配偶者の」があることです。専業主婦の配偶者が安定した収入があることで銀行側としては信頼ができ、返済能力があるとみなされるので専業主婦でとキャッシングができるようになります。

働いている主婦の場合、銀行カードローンの融資額は審査結果次第で変わるのですが、消費者金融カードローンの場合は異なり、日本の法律により「裁量規制」というものがあります。この裁量規制というのは、主婦だけではなく、日本全国で働いている人がキャッシングやカードローンを利用する時に適用され、年収の3分の1しか借り入れができないようになっています。しかし、この裁量規制は銀行は含まれていません。消費者金融だけですので、融資額が多く欲しいのなら銀行カードローンに申し込む方が良いでしょう。