銀行や消費者金融のキャッシングローンを利用する方

、家族に内緒で契約するといったことがあります。しかし、プライバシー配慮や内緒で契約できるキャッシングローンは契約者が死亡した際には大きな問題となります。それは、財産の相続であり、死亡から3ヶ月以内に相続するか否かを決める必要があります。

相続する側の場合、注意する点としては単純承認ではなく、限定承認として負債を相続しないことが重要になります。しかし、これは予め借金の有無が分かる状況で有効であり、契約者としては事細かに借り入れの有無を残しておく必要があります。

また、相続する側にも注意があり、内緒のキャッシングローンが無いかどうかです。もし、限定承認を行ったとしても相続時に把握が漏れた借金については、全て相続することになります。結果、返済期日が大きく過ぎ、利息と遅延損害金が大きく加算された返済になってしまう可能性があります。もし、不安な際には法定代理人として個人信用情報機関の情報を開示して、キャッシングローンなどの契約状況を3ヶ月以内に全て把握することが重要になります。