キャッシングは借り入れ方法で発生するコストに注意しよう!

銀行や消費者金融のカードローンは、ATMを利用して24時間365日いつでも自由に借り入れと返済ができるといったメリットがあります。しかし、便利と借り入れコストは全く違たものであり、便利になっている反面、ATM手数料が掛かっています。提携ATMで発生する108円や216円といった手数料は、利息と比較しても安いものではありません。

むしろ、提携ATMから頻繁に借り入れをする場合、利用可能残高からATM手数料が差し引かれ、さらに利息が発生するといった悪循環を発生させます。そこで、カードローンを利用する際には振り込み融資を活用するなどの方法がおすすめです。振込融資なら銀行口座から現金を引き出すだけとなり、規定回数まで提携ATMの利用手数料が無料、もしくは銀行ATMを利用して手数料を掛けずに借り入れすることもできます。先ずは、借り入れコストを最小限に抑えられるかどうかを申し込み前にチェックしましょう。