キャッシング 限度額は審査で決められている

審査によってキャッシング 限度額が設定されておりこの限度額の範囲までの借入となります。
最大300万円や500万円といった最大限度額が書かれていますがどなたでも最大限度額に設定されるわけでは無いです。

お申込者一人一人の属性や信用情報に登録されている情報などによって変わります。
高収入、勤続年数が長い、大企業に勤めている、本人名義の持家に住んでいるなど属性が良い人で信用情報に事故情報が登録されていなければ高めの限度額が設定されます。

その他にも他社からの借入額や借入件数も限度額に影響があります。
借入額が多すぎる人、借入件数が多すぎる人、属性が低い人、信用情報に事故情報が登録されている人は審査落ちする可能性があり借入することが出来ないです。

キャッシングによって審査基準が異なりますので一概には言えないのですが、新規契約された人は10万円から50万円ほどの限度額が設定されることが多いです。
一度も遅延することなく返済していれば半年から1年ほどでキャッシング会社の方から限度額を増額しませんかと連絡が来ることがあります。

本人から増額申請することも可能ですが、契約時点より信用力や返済能力が下がっていると逆に限度額が減額されることがあります。
限度額が高いほうが金利が低いキャッシングが多いので信用力や返済能力が上がったら増額申請してみると良いです。