キャッシングにおける審査

キャッシングにおける審査の際極めて重要になってくるのが、年収や勤務状況といった情報です。正社員などの安定した立場で、しかも年収が高ければ、非常に多くの融資枠が付与されることが見込めるのです。

一方、収入や安定性の観点から不利にも思えるフリーターですが、会社によっては「主婦・フリーター歓迎」の方針を打ち出しているところもあり、一概に借りにくいとは言えません。特に今は非正規で働いている方も多い状況ですので、勤続年数が多ければ、かなり正社員に近い待遇も見込めるかも知れません。

ただ、年収からの割合で融資額が決まってくる「総量規制」のシステムなどもありますので、融資額はやや抑えられているかも知れません。

審査の際にオペレーターと会話をする機会があったら、働く意思を全面に示したり、あるいは実際により時給の高いバイトに変えてみるなどすれば、融資側の印象はより良いものになっていくと思われます。また、年収が高まれば当然総量規制の枠も増えていくわけで、より多額の融資が期待できるようになります。

バイトでは借りづらいという噂が囁かれた時代もありましたが、今は当時とは随分状況が異なります。いずれにせよ、フリーターだからと諦める前に、会社に問い合わせて可能性があるかどうかを確かめておくべきでしょう。