アルバイトが安定した収入とみなされるためには

キャッシングを利用するには本人に収入があることが条件となります。そして本人に安定した収入があるかどうかは就いている仕事で判断されます。最近のキャッシングでは収入の額に応じて融資可能限度額が設定されるので、アルバイトなどであっても、低めではありますが融資を受けることができるようになっています。

ただしアルバイトも含めて、仕事に就いていると認めてもらうためにはある程度の勤続年数が必要になってきます。この勤続年数によっても契約条件は良くなったり悪くなったりしますが、収入があるとみなされるためには、最低でも数ヶ月から半年同じ職場で働いている必要があるのです。

特にアルバイトの場合は簡単に離職することができますので、審査をする側にとってこの勤続年数は重要な項目になります。同じ職場で長く働いていればいるほど離職する可能性も低くなっていくからです。同じ会社で1年以上働いているのであれば、特に問題なく融資を受けることができるでしょう。

なお、日雇いの派遣アルバイトでも同じ会社に登録して働いていれば同じ職場で働いているとみなされます。アルバイトの種類によって有利不利になるということはないのでその点は心配する必要はありません。