銀行ローンを活用する事でより借り入れがし易い環境作りが出来る

銀行ローンは、銀行や信用金庫が貸し出している個人向けの融資サービスで、消費者金融会社のキャッシングとは違って貸金業法の総量規制の対象ではありません。

その為、銀行ローンだけで複数箇所で借り入れをした場合には、総量規制のような総限度額が制限されるといった事はありませんが、審査において申込者の年収と返済能力、過去のサービスの利用者のデータを元にして作られたスコアリングに照らし合わせた結果などを総合的に判断して限度額が決められます。その為、場合によっては限度額が少ないといった事もあります。

もちろん、銀行ローンは消費者金融会社が展開しているキャッシングとの併用をする事が可能ですので、キャッシングで総限度額が総量規制に引っかかった場合には、銀行ローンを契約しておくといった使い方も出来るでしょう。