カードローンを利用する時に注意すべき総量規制について

総量規制という言葉はあまり聞き慣れないかと思いますが、カードローンを利用する上でとても大切なことです。総量規制とは貸し付けを行う業者が借り入れする人の年収の3分の1以上お金を貸してはいけないという決まりです。つまりカードローンを利用する場合、最高でも自分の年収の3分の1以上は借りれないということになります。

ですが、これは主に消費者金融などに適用されるもので銀行ローンなどは総量規制対象外となります。もちろん借りるということは返さなくてはならないので得ということではありませんが、例えば事業資金など高額の融資を希望する場合は利息の面からも銀行ローンが適切ということになります。ただ、2017年に銀行ローンでも貸し付けのしすぎが問題になったことで自主的に規制をしている銀行も多いです。