消費者金融のキャッシングを解約したときは解約証明書を請求しよう!

将来的に大きなローン契約を行う際、過去のキャッシング契約が影響する可能性はゼロではありません。消費者金融のキャッシングを完済したとしても、解約していなければ借り入れがあるのと同じ状態になることは知られています。

では、解約して終わりかというと銀行などの金融機関によっては大口ローンを契約する際に解約証明書の提出を求められる可能性があります。解約証明書により間違いなく解約が完了しているかが証明されることとなり、銀行にとっては融資リスクが低下していると判断することができます。

また、消費者金融の中には解約が完了しているものの、個人信用情報の更新漏れとなるケースが存在し、過去の契約が残っているままになっている可能性はゼロではありません。そのため、将来に備えて解約証明書は請求する、解約証明書の発行が無い消費者金融の場合は契約書に解約と記載したもの返却してもらうなどの対応がポイントです。