大手2社が協力して誕生したJ.Score

新しい未来のサービスとして、J.Scoreに興味をお持ちの方も多いのではないでしょうか。J.Scoreを手がけているのはソフトバンクとみずほ銀行。この2つの大きな会社が手を取り合うことによって誕生したサービスなんです。自分の情報を入力することによって、限度額や適切な金利を表示してくれるというもの。

従来のキャッシングでは、例えば年収300万ならこのくらいが限度、など大体の線引きはあったとしてもそれが明確なものではありませんでした。J.Scoreでは、一人ひとりのスコアを算出することによって、そのスコアに合わせた数字を出してくれるのでとてもわかりやすくなっています。今後は他のキャッシング会社でも、この仕組みが使われていきそうですね。