キャッシング先は十分比較してから申し込みしよう

キャッシング先への申込みは、十分比較してから行わなければ本来通過出来る審査に落ちてしまう危険があります。なぜなら、個人信用情報機関へ申込み履歴が常に登録されていて半年間は保管されるので、審査が厳しいカードローンへ申し込みして玉砕した後には審査落ちリスクが高くなるからです。

審査が厳しいカードローンほど低金利融資を受けられるメリットがありますが、個人が持つ与信力が低い状態ならば多少金利は高くても審査に通過することを優先する必要があります。一度借入と返済を行った上で利用可能枠を保持した状態のまま、借り換え目的で別の審査が厳しいカードローンへ申し込むといった方法ならばリスクが殆ど無い状態で申し込み可能です。