専業主婦でもキャッシングは利用できます。

主婦がお金を借りるのは難しいのか? この場合の主婦とは専業主婦のことです。兼業主婦ならある程度の安定収入があるので、お金を借りるのは簡単です。

しかし、専業主婦となると、パート・アルバイトぐらいの収入しかないので、急にお金が必要となった時に、手軽に借りることの出来るキャッシングはないかもしれないと感じますが、実際はそうでもありません。

専業主婦が消費者金融でお金を借りる時に、覚えておかなければいけないのが総量規制です。

総量規制とは個人の借り入れ総額が年収の3分の1に制限されるという法律です。これは1社からの借入総額ではなく全て合わせて年収の3分の1です。年収の少ない主婦の場合は借り入れできる金額がかなり少なくなります。

夫に内緒でお金を借りるのではなく、同意のうえで借りるなら配偶者貸付を利用する手があります。

配偶者貸付は夫に安定収入があれば、それと合算して夫婦の年収の3分の1まで借りることが出来るようになります。ただし、妻の本人確認書類以外に夫婦である事を証明する書類と夫の収入証明書と夫の同意書が必要になります。

あと、この配偶者貸付を行なっている業者がかなり少ないのもネックになりますが、一応覚えておいて損はないです。

先ほど言った、総量規制に当てはまらない場合もあります。それは銀行ローンです。銀行ローンは本人収入に関係なく借りる事が出来て、消費者金融よりも低い金利になってます。ただ審査を有利に通すためには、夫の安定収入が必要となります。銀行ローンを利用する時も夫に内緒には出来ないので、夫婦で借りるお金だと認識したほうがよいでしょう。

少ない額でちょっとした生活の足しにするなら、消費者金融で手軽に借りて、もう少しまとまった額を借りたいなら、夫と相談して金利の低い銀行ローンを利用するのが賢いと思います。

ちゃんとしていれば専業主婦でもお金を借りることは難しくはありません。ただ収入の少ない専業主婦は、注意深く計画的に借入をする必要があります。