キャッシングの限度額は最初低くても上がって行きます

キャッシングの限度額は初めての利用時は、大体20万円から30万円ほどからスタートです。

初めての利用時に借り入れ希望額を100万円にしても審査で落とされる事が殆どです。希望額が上がれば上がるほど審査が厳しくなり、50万円を超えれば収入証明も要ります。

なので100万円を一社で全額借りるよりも、3社に分けて30万円、30万円、40万円とした方が借りやすくなります。
ただし一斉に数社申し込むと逆に借りにくくなるので、少し間を開ける必要があります。

しかし、消費者金融申し込み者の殆どが、収入証明の要らない50万円以下の利用となっているので、高額キャッシングの話は一部の人の事になります。

限度額は一度決まればその後ずっと固定される訳ではありません。問題なく利用していればすぐに上がって行きます。なので100万円の限度額を手に入れるのは時間は掛かりますが、不可能ではありません。

高額キャッシングは総量規制の問題もあるので、誰でもいつかは高額限度額を手に入れられる訳ではありませんが、収入に見合った限度額は叶うと思います。

上で問題なく利用していればと言いましたが、この問題とは滞納や多くの他社からの借り入れ等です。しかし、一見問題ないように見えてもマイナスとされる事があります。それは、一回きりの利用で長期間利用しなかった場合です。

消費者金融側としては、こまめに長く利用するお客が上客なのです。20万円借りて完済してそれっきりの人より、2万円ぐらいを何度も借りてくれる人がありがたいのです。

だから、こまめに借りて返してを繰り返していると、消費者金融の方から限度額アップのお知らせをしてきます。一回きりの利用者は久しぶりに借りても限度額のアップは望めません。

これはクレジットカードでも頻繁に使う人は、限度額が上がって行ったりゴールドカードやそれ以上のカードのお知らせが来たりするのと同じです。
途中与信という言葉が使われますが、利用実績を上げて行かなければ、より高いサービスは受けられないという事です。

高い限度額を手に入れても、返済不能に陥っては意味がありませんから、細心の注意を持って利用しましょう。