キャッシングの返済方法

キャッシングの返済方法として、まず思い浮かぶのは返済日にその業者の店頭窓口に行くことです。

ですがこの方法はどうしても返済金額が足りないので相談を兼ねて、といった場合以外では今ではあまり行う方はいません。

融資を受けているキャッシング業者の店頭窓口が近くにある、毎日の通り道にあるといった場合は別ですが、通常は指定された銀行口座に振り込んで返済します。

指定された同じ銀行に口座を持っている場合は、そこからの振り込みだと手数料が掛からない場合もありますが、同じ銀行ではない口座から振り込んだり、現金をそのまま振り込むと、どうしても手数料が掛かってしまいます。

返済回数が多くなると、この振込手数料の負担もそれなりの金額になってしまいます。1回324円だと、12回になると3888円にもなります。

そこでお勧めの返済方法として、口座振替があります。

クレジットカードでショッピングをした時のように、指定した銀行口座から毎月の返済日に自動的に引き落とされます。返済金額以外の手数料は一切掛かりません。

大手の消費者金融、プロミス・モビット・アコム・レイク・アイフルの各業者は、全てこの口座振替での返済に対応しています。(銀行は指定されることがあります)

また口座振替にすることで、もし返済日を忘れていたとしても、返済金額さえ口座に入っていれば返し忘れるといったこともありません。

口座振替に対応している業者から融資を受けていて、現在口座振替以外の返済方法で返済している場合、口座振替の利用を検討してみてもいいのではないでしょうか。